溢れる愛液。煌めく汗。止まらない痙攣。

 

年齢を感じさせない若々しい身体つきに、清楚なふるまい。そんな高嶺の花…松井優子の隠された淫猥な性を鉄板が暴く。ためらいなく笑顔で肉棒にむしゃぶりつき、手マンされれば潮がほとばしる。そして容赦ないピストンに釣鐘型のおっぱいを震わせ、うっとりと微笑みながら絶頂。いつまでも止まらない余韻のような痙攣こそが、優子の淫乱性を知らしめる。

 

 カテゴリ
 タグ